〝あぐら座り〟無理のない自然な姿勢とは。

あぐら座り

日常に〝にこっ〟と笑みがこぼれる毎日を☘  こぼえみブログ   〜miho〜

春日井市の動きケアパーソナルトレーナー&導ヨガ上級指導士 動きケアスペースnicottoの池田美保です。

 

こんにちは。今日はヨガや普段の座り姿勢でもよく使われる〝あぐら座り〟についてです。

 

よくとる姿勢…案外体への負担が大きいです。背中が丸まりやすく、骨盤も倒れやすい(後傾)。

これを負担少なく座るために、よくヨガでは〝お尻の下(坐骨)に手を置いて!お尻のお肉を持ち上げるようにかき分けて手をそっと抜く。

と言うのが伝えられています。

 

これが意外に無理な姿勢になっていて、深い呼吸ができないってことも!無理に立てた骨盤は窮屈で悲鳴をあげてるかもしません😭

でも自らの動きで作ったあぐら姿勢は、深〜い深〜い呼吸ができます😌

股関節周りもゆったりとしてます。でもしっかりと立った骨盤✨

 

このことを数日前、同じパーソナルトレーナーで活躍している方のインスタの投稿で 😳‼️ 衝撃な気づきでした。気づかせてもらってありがとうございます🙏

まさしく私もお尻の下に手を置いて…の指導してました。これがいけないわけじゃないですけど、導ヨガの考え知ってたら、もっといい方法がある 🎶って思うわけです😚

 

導ヨガから学ぶ、体が喜び心地よい感覚☺️ぜひこの感覚を味わいに来てください。

実はヨガやってるけど、あぐら座りが窮屈だった。。。そんな方いらっしゃいましたらぜひ😉

教室案内はこちら👉 https://ugoki-care-nicotto.com/2019/07/18/page/2/

 

今日も来てくれてありがとう╰(*´︶`*)╯♡