できない自分を認める。

動きケアキッズ

日常に〝にこっ〟と笑みがこぼれる毎日を☘  こぼえみブログ   〜miho〜

春日井市の動きケアパーソナルトレーナー&導ヨガ上級指導士 動きケアスペースnicottoの池田美保です。

 

小学2年生の息子。何をやるにも一つ一つ丁寧、集中しだしたら止まらない。 いいことも時にはアダとなる😅

思い通りにならなかった、途中でやめなきゃいけない状況になると、怒れて怒れて仕方がない٩(๑`ȏ´๑)۶

 

でもそれが最近少〜しずつだけど変わってきた。

 

それをさらに感じたのは昨日のドリスポ教室でした。

今月から通い始めてる2年生の男の子が、できてないことを私から指摘されてすねてしまった。「だってできないもん。。。」って。

デジャブ?って思った。息子のよくあるパターン😅

少し様子見たけどお母さんの元へ行ってもうやらない!って雰囲気。

 

私は思い切って話してみました。

「できない自分を認めるのは大事。認められたらここからまた成長できるよ。すねるのは悪いことじゃない。全部認めること!気持ちが落ち着いたら戻っておいで」って。

 

ドリスポでは鬼ごっこ、ケンケン競走、バランス競走。たくさんやってます。

息子はこのドリスポに入るまでこういう競走を、遊びで鬼ごっこはしても競走としてやってこなかった。

 

始めて4ヶ月。負けるこることの大切さ、負けを認める大切さ、途中で切り替えれる柔軟さ。これが身についてきた気がします。

動きケアキッズでも、体を使いながらココロの成長もしてもらいたい✨

そんな思いで今日もやってきました🎶

 

親子で成長🌱🌱🌱 これからも。。。

 

今日も来てくれてるありがとう(*๓´╰╯`๓)♡